「きらり富山の夏2017」と「桐谷のおうち」開催のお知らせ
東北AIDは、
今年も福島県在住の親子に
「富山の夏」を楽しんでもらいます!!

これまで「きらり富山の夏」に参加された48家族に対して今年3月に実施した

アンケートでは、30家族から回答がありました。(回答率62.5)

 その中で「「きらり富山の夏」のような夏休み期間の「親子の短期(転地)保養」

(今も)必要だと思うか。」という問いに関し、

「①強く思う19 ②必要と思う10□③以前ほど必要と感じていない1

また「震災から6年経った今だからこそ,健康への不安が増してきている。同じ

思いを抱えている親同士の語り合える場、保養の場もこれからも必要だと感じる。」

「気分転換をはかるために保養の場がもっと必要だと思う。」など沢山の意見が

寄せられました。

私たちには、短期保養がどれだけのデトックス(解毒・浄化)効果があるのかは

わかりませんが、お母さんたちが日頃多くのストレスの中で暮らしておられる

のは、この「きらり富山の夏」に参加された方と話をしていて強く感じました。

今回のアンケートから、福島県内で子どもを育てていく中で

「子どもにとってできる限りのことをしてあげたい」と考えている

お母さんたちの思いは今も変わらないことがわかりました。

私たちはその思いに応え、少しでも日頃のストレスを解消してもらうため、

今年も福島の親子短期招待事業「きらり富山の夏2017

親子保養事業「桐谷のおうち」を実施します。

「きらり富山の夏2017」では、34日の日程で親子40名を招待し、

自然やプールを満喫し、思いきり汗を流してもらいます。

「桐谷のおうち」では、マイカーで富山に来られた親子に、八尾町桐谷の

「アサヒ・ツイン・ドームズ」を宿泊施設として提供し、家族で計画した

それぞれのプランで楽しい夏休みを過ごしてもらいます。

「きらり富山の夏」は今回で5回目、「桐谷のおうち」は3回目の実施となります。

ぜひ、れらの事業の実施に多くの皆様・団体様のご支援・ご協力をお願いします。

実施期間や詳細な日程については、東北AIDのホームページでご確認ください。
d0232855_14302394.jpg


実施期間中のボランティア募集
 
  スタッフとして協力力していただける方、
地元の野菜・お米などの食材を提供してくださる方は
ご連絡ください。お待ちしております。

「きらり富山の夏2017」担当:河西由美

「桐 谷 の お う ち」 担当:長谷川 由美 

[PR]
by kodomonoyume | 2017-06-26 12:04 | ご案内
<< 第1回 お届け便 総会のお知らせ >>