第14便 報告
yuzoです。

遅くなりましたが第14便の報告です。

今回の支援場所は予定通りに
・AM 石巻市緑町
・PM 南三陸町 平成の森(仮設住宅)

参加者はバスに13人(初めての方が4人)
物資輸送にトラック2台、乗員5人
その他に19人?が現地集合として待ち合わせしてます。

支援物資はいつもの様に日用雑貨や食器・衣類・暖房器具など電化製品などと炊出し復活!
夏場食中毒が怖い事やもうソロソロ炊出しは要らないのでは?
っと思ってたので止めてましたが、やはり需要があるようなのでトン汁や焼きそばを復活させました。
これでスタッフの食事の心配もなくなるので一安心ですね。

石巻には時間調整をしながら朝5時に到着しましたが既に10人以上来ておられます。早い方は前日から既に Σ(=゜ω゜=;) マジ!?
その方達がいつも場所選定や片付けなどをやって貰っているのでかなり感謝ですね。ペコリ(o_ _)o))

今回より石巻でも物資にフリマ形式でお金を頂く事としました。
これは、一部の人が大量に持って行ったりと言った混乱防止の為に他の場所でもやっていた方法としてます。
集まったお金は地域の小学校などに全額寄付して来ました。

6時過ぎからフリマはもう大分慣れて来てるので少々の混乱はありましたが何とかかんとか無事終了。

その後いつもだったら専修大学にあるピースボートの物資庫に行くのですが専修大学には無くなり別の場所に行き根こそぎ持っていくかの様にトラックに載せていざ南三陸町へp( ̄ー ̄\)☆ミLetsGo!

南三陸町では仮説住宅の方たちが毛布を支給されているのですが朝晩が結構肌寒く(当日の最低気温10℃弱)毛布を350枚ほど持っていって有ります。
それと訪問介護施設にオムツなどの支援物資を持っていってます。

事前に連絡してあり仮設住宅の方も手伝って貰えるよう連絡されてたらしく思ったより早く準備が出来てたすかりました。

フリマを通して衣類も大分減ったとは言えかなり残ったの状況などを考え徐々にそういった物は減らしていくのが良いのでは無いか。
それに代わる支援の方法を現地の方と相談し方向性を話し合う事ができ昨日の実行委員会でも議論したのですがやはり精神的ケアや自立が大事そうですね。

最後に現地で手伝ってくださった方々、炊出し準備のお姉さま方、積込だけでもって参加して下さった方、物資などを支援して下さった方々本当にありがとう御座います。
[PR]
by kodomonoyume | 2011-09-27 12:34 | 現地レポート
<< 第15便 予定 ケーブルテレビ富山 >>